• クレジットカードの審査ではどんな点が見られるのか

    クレジットカードの利用に際しては、カード会社が、カード所有者の買い物の料金を一時的に肩代わりします。

    その料金は後で請求、回収されるわけですが、カード会社にしてみれば、カードの所有者が代金を一時的に肩代わりするだけの信用に足る人かどうかというのは、あらかじめ知っておきたい点です。そのために行われるのが審査です。これはクレジットカードの申し込み時に行われるのが基本で、カード会社により基準は多少、異なっていますが、見られる部分と言うのはある程度は共通しています。
    ではどのような部分がチェックされているのかと言うと、まずは、請求に対して応じることができるかどうかと言う点です。


    これは主に収入や勤務状況、雇用年数や雇用形態、借入額などによって判断されます。



    収入の額は勿論ですが、それが安定しておりかつ継続的なものであるかどうかと言う点も重視されます。



    またひとつの会社にどれくらい勤めているか、コロコロと短期間で会社を変わったりしていないかどうかと言うのも、重視されるひとつのポイントです。たとえ非正規雇用であっても、ひとつのところで長く働いていて、安定した収入がある場合、それは審査においては高く評価されます。

    それから、これまでの金融サービスの利用歴です。

    これは、その旨を記録した個人情報があり、それによって判断されます。

    たとえば過去にクレジットカードの請求に対して大幅な遅延があったとか、今現在、ローンの支払いが滞っていると言うような状況の場合は、審査に少なからず影響が出てくることが懸念されます。

    そして資産に関してです。

    万が一、回収不可能になった場合、その担保となり得る資産があるかどうかと言う点が見られます。



    これらの情報を総合的に見たうえで、クレジットカードの利用を許可するか否かが判断されます。