• クレジットカードは使い過ぎに注意しよう

    クレジットカードは非常に便利な買い物ツールですが、きちんと使った分の金額を把握しておかないと、後から引き落としの段階で悲しい思いをすることになってしまうかも知れません。そんなことになってしまわないためにも、日頃から自分が使った分の金額について記録しておくことをおすすめします。
    例えば最近では便利なアプリなども続々と発表されていて、中には子供の頃に使った覚えのある方も少なくない「お小遣い帳」のような役割を果たしてくれるものや本格的な家計簿として使えるようなものがあります。



    そこに自分が使った金額を1日の終わり、もしくは何日かごとと決めて記しておけば、使いすぎてしまうことを防ぐことが出来ます。また、支払時に渡されるレシートをしっかりと受け取り持ち帰るだけでも使い過ぎはだいぶ防ぐことが可能です。



    レシートはゴミになるから受け取らないという考えの人も多くなりましたが、その日の内に自分がいくら使ったのかを目で見て確認することの出来るものなので、これを持ち帰り金額を1枚1枚確認しながら捨てるだけでも意識が変わります。



    クレジットカードは便利な分、ついつい使いすぎてしまいがちになってしまうのが難点。

    しかし自分が日常生活の中で気を付けられることをきちんと気を付けることが出来れば、楽しくスムーズに買い物するための優れたツールとして活用することが出来ます。

    クレジットカードと正しく向き合って、よりストレスフリーな買い物を楽しみましょう。